モンジューのひ孫     /〜血統ウェーヴ〜

直系統にとらわれない血統解釈で競馬の本質に迫る

【秋華賞】絶対に、無い

2020年2月8日、京都競馬場に虹がかかった。

グリーンチャンネルの画面越しに、輝かしい未来を予感した。

その数十分前、エルフィンSで1頭の牝馬が圧倒的なパフォーマンスを披露したゴールの瞬間、私は

桜花賞馬だ!」

と両手を挙げて叫んでいた。

デアリングタクトが、ベールを脱いだ瞬間である。

 

しかし、現実はそうそう甘くはなかった。

例年なら桜花賞の出走ボーダーをクリアしていると思われたが、まさかの除外危機。

トライアルレースが消化され出走権がほぼ約束されたところで、新型コロナウイルスによる開催危機。

「なんで今年に限って...」

そんな思いが、桜花賞当日まで何度も頭の中を過ぎった。

 

その後の活躍は、語るまでもない。

史上初、無敗の3冠牝馬の誕生をかけた秋華賞で、前日オッズが1.1倍になろうとも驚かない。

 

競馬に、絶対は無い。

圧倒的1番人気が敗れることも少なくないが、終わってみればそれ程強くない過剰人気だったケースが殆どだ。

 

2020年、10月18日、秋華賞

どんな結末が待っていようとも、

デアリングタクトが弱い馬だったということだけは、

絶対に、無い。