モンジューのひ孫     /〜血統ウェーヴ〜

直系統にとらわれない血統解釈で競馬の本質に迫る

【保存版】無観客競馬で台頭する種牡馬を探せ!

前回の続きだ。

 

 

ーーーー データのレシピ ーーーーー

<無観客>直近9週分

<観客有>無観客以前の直近9週分

 

□対象は生産者L上位概ね50位以内の生産馬

 □好走データは、

 ・2・3歳限定戦の2着以内(3歳未勝利戦を除く)、

 ・特別戦(重賞含む)の2着以内

 ・平場戦は2勝クラス以上の1着(2番人気以下)のみを集計。

□凡走データは、3歳未勝利戦を除く全レースの、

 ・1番人気で3着以下、

 ・2番人気で4着以下、

 ・3番人気で6着以下、

 ・4・5番人気で8着以下、を集計。

 

好走データ/凡走データの比率(延べ頭数)は約1:2

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ジャスタウェイ産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

牝馬

<無観客>

☆好走データ ・・ 4頭

▼凡走データ ・・ 3 

<観客有>

☆好走データ ・・ 2頭

▼凡走データ ・・ 4頭

ーーーーーーーーーーーー

データは少ないが、頭の片隅には入れておこう。

 

 

スクリーンヒーロー産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 6頭

▼凡走データ ・・ 3頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 0頭

▼凡走データ ・・ 6頭

ーーーーーーーーーーーー

無観客の好走データ6頭の内、5頭はの距離/1800m以上戦だ。この条件では忘れずチェックしておこう。

 

 

ダイワメジャー産駒】

距離/1600m以上戦(芝ダート問わず)

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 9頭

▼凡走データ ・・ 8頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 3頭

▼凡走データ ・・ 7頭

ーーーーーーーーーーーー

無観客の芝中距離戦ではダイワメジャー産駒の激走を警戒しよう。

 

 

ノヴェリスト産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 7頭

▼凡走データ ・・ 7頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 3頭

▼凡走データ ・・ 9頭

ーーーーーーーーーーーー

無観客競馬はスタンスとして欧州競馬寄りなのかもしれない。

 

 

ブラックタイド産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 5頭

▼凡走データ ・・ 1頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 3頭

▼凡走データ ・・ 3頭

ーーーーーーーーーーーー

無観客の凡走データは1番人気で3着だから安定感抜群。

1勝クラス以上の人気馬は信頼できそうだ。

 

 

ヘニーヒューズ産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 2頭

▼凡走データ ・・ 9頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 8頭

▼凡走データ ・・ 9頭

ーーーーーーーーーーーー

無観客後の成績の低下が顕著だ。何か別の要因があるのかもしれないが、軸にするのは控えておこう。

 

 

リアルインパクト産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 3頭

▼凡走データ ・・ 2頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 1頭

▼凡走データ ・・ 3頭

ーーーーーーーーーーーー

データは少ないが、ダイワメジャー産駒と同様にマイル~中距離戦の激走を警戒だ。

 

 

ルーラーシップ産駒】

※条件問わず

ーーーーーーーーーーーー

■牡馬・セン馬■

<無観客>

☆好走データ ・・ 3頭

▼凡走データ ・・ 14頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 7頭

▼凡走データ ・・ 10頭

ーーーーーーーーーーーー

牝馬はフェアリーポルカが重賞を連勝したが、牡馬・セン馬は明らかに無観客後の成績が低迷している。

 

 

ロードカナロア産駒】

芝・距離/1600m以上

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 15頭

▼凡走データ ・・ 4頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 2頭

▼凡走データ ・・ 12頭

ーーーーーーーーーーーー

これは以前【観客数別データ】に書いた予測通りだった。

短距離戦も見てみよう。

 

距離/1400m以下(芝ダート問わず)

ーーーーーーーーーーーー

<無観客>

☆好走データ ・・ 11頭

▼凡走データ ・・ 14頭 

<観客有>

☆好走データ ・・ 4頭

▼凡走データ ・・ 25頭

ーーーーーーーーーーーー

【観客数別データ】の記事には「ロードカナロア産駒の短距離戦は観客が多いほうが走る」と書いたが、これは外れていたらしい。

ロードカナロア産駒は総じて人気先行型だったが、無観客実施後は条件を問わず水を得た魚のような快進撃で、特に芝のマイル以上の距離では人気馬に逆らえない。

 

去年無観客だったら、サートゥルナーリアの3冠もあったと本気で思う。

 

恐らく、この状況は簡単には終わらない。

 

観客が入れるようになっても人数は制限されるだろうし、これを機に自宅競馬の快適さを知ったファンも多いのではないか。

とすれば、今後は大レースほど観客減がその血統傾向に与える影響も大きく、過去のデータの信用性も低くなる。特に距離適性や、牡牝による産駒イメージなどの固定観念を逆手に取れば、思わぬ高配当も期待できそうだ。

 

そして何よりも、競馬があることに感謝し、ありつづけることを願う。