モンジューのひ孫     /〜血統ウェーヴ〜

直系統にとらわれない血統解釈で競馬の本質に迫る

【京成杯AH】◎トロワゼトワル

開幕週の土曜中山芝は時計が早く、2勝クラスのマイル戦でも1分32秒台だから、当日天気さえ持てば31秒台の決着が濃厚だ。

 

さて、過去10年の当レースで1分31秒台の決着となった年が3回ある。

 

'17】1着グランシルク(2012年産)

'13】1着エクセラントカーヴ(2009年産)

'12】1着レオアクティブ(2009年産)

 

勝ち馬3頭とも生産年が今年の4歳世代/3年周期に当たる。ならば今年の注目馬はこの2頭だ。

◎トロワゼトワル(2015年産)

前走芝1400m戦1着の臨戦過程で鞍上横山典騎手は12年のレオアクティブと重なり、直系4代祖先がミスタープロスペクターの点も共通している。ここは差し馬が多く軽量+先行策での粘りこみを期待。半妹がダートで勝ち上がっている点も開幕週芝の血統傾向からはプラス材料だ。2走前の同条件の敗戦は開催最終週だった。

◯ジャンダルム(2015年産)

マイル血統ながらクラシック路線を歩んだ馬がようやく適距離で復調してきた。これも3代祖先にサドラーズウェルズを持つ血統は前出レオアクティブと重なり、内枠さえ活かせれば高速決着でも台頭可能と見た。