モンジューのひ孫     /〜血統ウェーヴ〜

直系統にとらわれない血統解釈で競馬の本質に迫る

【第0章】〜血統とは、波である ①

「趣味は競馬、血統研究がライフワーク」のモンジューのひ孫です。

 

ペンネームの由来は父方の曽祖父「紋重」から拝借しました。

 

初めて的中した馬券がそのモンジューが来日した99年のジャパンカップ馬連で、後に自分の曽祖父の名を知った時に不思議な縁と嬉しさを感じたのを覚えています。

 

さて、私が本格的に血統研究に着手し、独自の血統観を持つことに至ったきっかけを作ってくれたのは、15年前のチューリップ賞を勝ったスイープトウショウでした。

 

当時、ダービースタリオンや田畑至氏の影響を受けた血統ファンとして週末競馬を楽しんでいた自分にとって、モニター越しに見たそのレースは「競馬をやめようか」と府中本町からの帰り道に落ち込むほどショッキングなものでした。

それはもちろん馬券云々の問題ではなく、フォーティナイナー直仔でダート向きスプリンターのエンドスウィープから、まさかの芝王道路線のキレを備える素質馬が出たことでした。

しかしその数日後だったか、なんとなくいつものようにパラパラと種牡馬辞典をめくっていると、あることに気がついたのです。

 

「母の父の父にノーザンダンサーを持つ種牡馬(繁殖馬)の産駒が、直系統や父の現役時代の適性のイメージに関わらず、特定の大レースに強い」

 

それは、エンドスウィープからスイープトウショウが出たのは、名マイラーだったサッカーボーイから菊花賞馬のナリタトップロードヒシミラクルが出た遺伝的作用と同じ現象だと私を納得させる発見であったと同時に、サイアーラインによる「ダービー馬はダービー馬から」のようなマクロ的な遺伝解釈から解放される大発見でした。

 

後にそのスイープトウショウヒシミラクルの戦績をなぞるように秋の京都の3歳ラスト1冠(秋華賞)と宝塚記念を勝ち、さらにエンドスウィープからはアドマイヤムーン(宝塚記念、JC)も出て、現在に至っても、アーモンドアイの規格外の強さと距離適性は、母父父にノーザンダンサー(ヌレイエフ媒介)をもつ母フサイチパンドラからくるものと解釈して疑いようがありません。